« ハースF1チーム、「今年のライバルはウィリアムズ」 | トップページ | ベッテル(アストンマーティン)、「まだ50%以下のレベル」 »

2021/04/06

収まらない、マゼピン(ハース)への低評価

Nikita Mazepin (C)Haas F1 Team
拡大します
デビユー前からその言動に懸念の声が聞かれていたハースF1チームのニキータ・マゼピン(21歳:ロシア)だが、不本意な結果となったデビュー戦を終え、さらに否定的な報道がくすぶり続けている。

バーレーンGPではフリー走行から常に同じくルーキーであるミック・シューマッハの後塵を拝しタイムシートの最下部が定位置。
公式予選でもチームメイトに0.8秒もの差を付けられてグリッド最後尾に留まった。
しかもアタックに並ぶ他車を追い越すという「紳士協定違反」の末にスピンして、イエローコーションの原因を作る始末。
グリッド5番降格のペナルティを受けたベッテル(アストンマーティン)は最大の被害者だ。
さらに決勝レースではオープニングラップでマゼピンは単独クラッシュを演じ、セーフティカー導入の原因を作り、0周リタイヤという不名誉なリザルトに終わったもの。

辛口の欧米メディアからは早くも「マゼピンはまだF1のレベルにない」との酷評も。
ただしマゼピンのパパは大金持ちだ。

|

« ハースF1チーム、「今年のライバルはウィリアムズ」 | トップページ | ベッテル(アストンマーティン)、「まだ50%以下のレベル」 »