« 予選Q2、角田裕毅(アルファタウリ)タイヤ選択で脱落 | トップページ | ホンダ系チーム、公式予選コメント(3/27) »

2021/03/28

バーレーンGP予選、フェルスタッペン(レッドブル)がPP獲得

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
3月27日(土)18時(日本時間:24時)からバーレーン・サーキットを舞台に2021年F1開幕戦バーレーンGPの公式予選が始められた。
18分間で争われるQ1では全20台中、下位の5台がノックアウト、15台によるQ2でも下位の5台がノックアウト、そして10台12分間で行われるQ3では決勝レースのトップ10グリッドが決定する。

そのQ3、最初のアタックでフェルスタッペン(レッドブル)がトップタイム。
僅差でハミルトン(メルセデス)、3番手にガスリー(アルファタウリ)が入り、4番手ボタスとの間に楔を打ちこんでみせた。

そして注目の最終アタック、みごと今季初となるポールポジションを獲得したのはここまで全セッションで最速だったフェルスタッペン(レッドブル)。
今回も3つのセクターすべてで最速、ただ一人1分28秒台に入れて2位に0.388秒の差を付けた。
フェルスタッペンのポールポジションは自身通算4回目で、昨季最終戦に続き2戦連続の快挙となった。

2-3番手にハミルトン&ボタスのメルセデスAMG勢、4番手ルクレール(フェラーリ)、5番手てガスリー(アルファタウリ)、6番手リカルド(マクラーレン)、7番手ノリス(マクラーレン)、8番手サインツ(フェラーリ)、9番手アロンソ(アルピーヌ)そして10番手がストロール(アストンマーティン)というトップ10になった。

バーレーンGP決勝レースは28日(日)18時(日本時間:24時)から全57周で行われる。
バーレーンGP公式予選の結果はこちら
バーレーンGPの画像はこちら

|

« 予選Q2、角田裕毅(アルファタウリ)タイヤ選択で脱落 | トップページ | ホンダ系チーム、公式予選コメント(3/27) »