« バーレーン合同テスト総合タイム(3/12-14) | トップページ | ベッテル(アストンマーティン)、トラブル続きも前向き »

2021/03/16

ホンダ製パワーユニット、抜群の信頼性示す

Alphatauri Honda (C)Scuderia Alphatauri
拡大します
今シーズン活躍が期待されるホンダ製パワーユニットが、今回行われたバーレーン合同テストで抜群の信頼性をみせた。

この3日間で、フェルスタッペン&ペレスのレッドブル・レーシングが計369ラップ、また角田裕毅&ガスリーのアルファタウリが計422ラップと合わせて791ラップを順調に周回してみせたもの。
これはバーレーンGPのレース・ディスタンスである57ラップで計算すると、実に14レース分近くに匹敵する距離になる。

さらに、まだテストであるとはいえどうしても気になるベストタイムでもフェルスタッペンが全体の1番手、角田裕毅もこれに次ぐ2番手とスピードをみせた。
ちなみに最終日のセッション午前で走行を終えたペレスもその時点で全体のトップだった。

ただフェルスタッペンが言うように、真のスピードは開幕戦の予選Q3で、また信頼性は決勝レースで初めて証明される。
その開幕戦は3月26日(金)に幕を切って下ろす。

|

« バーレーン合同テスト総合タイム(3/12-14) | トップページ | ベッテル(アストンマーティン)、トラブル続きも前向き »