« ミック・シューマッハ(ハースF1)、偉大な父を超える | トップページ | 予選Q1、角田裕毅(アルファタウリ)2番手タイム »

2021/03/27

フリー3回目もフェルスタッペン(レッドブル)最速

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
12月05日(土)15時(日本時間:21時)からバーレーン・サーキットを舞台に2021年F1開幕戦バーレーンGPのフリー走行3回目セッションが行われた。
天候は晴れ、セッション開始時の気温は38度、路面温度48度、コースはドライコンディションだが風が強く、砂の来襲が懸念される。

その影響なのか、コース各所でスピン、コースアウトするクルマが相次いだ。
セッションの半分が経過した時点では、トップがガスリー(アルファタウリ)、2番手にフェルスタッペン(レッドブル)といずれもホンダ・パワー勢がトップを占めた。
その後メルセデスAMG勢に抜かれる場面があったものの、最終的にはこのセッションでもフェルスタッペンがトップタイムを記録。
2番手にハミルトン(メルセデス)、3番手ガスリー(アルファタウリ)、4番手ボタス(メルセデス)、5番手ペレス(レッドブル)、6番手サインツ(フェラーリ)、7番手ライコネン(アルファロメオ)、8番手オコン(アルピーヌ)、9番手ストロール(アストンマーティン)、10番手がリカルド(マクラーレン)の順になった。
角田裕毅(アルファタウリ)は13番手だった。
この後注目の公式予選が行われる。

バーレーンGPフリー走行3回目の結果はこちら
バーレーンGPの画像はこちら

|

« ミック・シューマッハ(ハースF1)、偉大な父を超える | トップページ | 予選Q1、角田裕毅(アルファタウリ)2番手タイム »