« ジュリアーノ・アレジ、フェラーリF1を初ドライブ | トップページ | マクラーレン、『CNBC』とのスポンサー契約延長 »

2021/01/28

依然、長引くハミルトン(メルセデス)の契約交渉

T.Wolff & L.Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
2021年のエントリーリストで、唯一まだ最終結論の出ていないのがメルセデスAMGチームのボタスと並ぶシート。
ここには王者ルイス・ハミルトンが残留するのが既定の事実として捉えられているものの、年が改まってもまだ結着が付いていないとされる。

さらにここに来てメルセデス側の交渉責任者と目されるトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターが新型コロナウイルスの影響で自己隔離に入ったというニュースが流れ、さらにこの問題に注目が集まった感じだ。
伝えられるところでは、ハミルトンの要求は引退後の自身のポジションにまで言及しているということで、通常の金額交渉のように簡単には収束しない様相とされる。

メルセデスからは「交渉が結着するのはシーズンが開幕するバーレーンGP(3月28日決勝」になるのでは」と、半ば匙を投げた声も聞かれている。

|

« ジュリアーノ・アレジ、フェラーリF1を初ドライブ | トップページ | マクラーレン、『CNBC』とのスポンサー契約延長 »