« ホンダ・パワー勢、予選Q2もすべてが突破 | トップページ | 冷静だった、マシン火災のライコネン(アルファロメオ) »

2020/12/12

アブダビGP予選、フェルスタッペンが今季初ポール獲得

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
12月12日(土)17時(日本時間:22時)からヤス・マリーナ・サーキットを舞台に2020年F1最終第17戦アブダビGPの公式予選が行われた。
18分間で争われるQ1では全20台中、下位の5台がノックアウト、15台によるQ2でも下位の5台がノックアウト、そして10台12分間で行われるQ3では決勝レースのトップ10グリッドが決定する。

Q2を突破した10台で争われた予選Q3最初のアタックではボタス、フェルスタッペン、ハミルトン、アルボン、サインツの順。
すべてがわずか0.5秒以内に入る接戦をみせた。

2度目のアタックでさらなるタイム短縮の結果、フェルスタッペン(レッドブル)が大逆転で今季初ポールポジションを獲得、その瞬間レッドブルのガレージは歓声に包まれた。
フェルスタッペンのポールは昨季のハンガリー、ブラジル以来となる自身通算3度目の快挙。
今シーズンここまですべてメルセデス・パワーが獲得してきたポールを、最後にホンダ・パワーが打ち破ったことになる。

2番手はボタス(メルセデス)でライバルでもある強敵のチームメイトを上回ったものの惜しくも伏兵に敗れポールには届かなかった。
3番手ハミルトン(メルセデス)、4番手ノリス(マクラーレン)、5番手アルボン(レッドブル)、6番手サインツ(マクラーレン)、7番手クビアト(アルファタウリ)、8番手ストロール(レーシング・ポイント)、9番手ルクレール(フェラーリ)、10番手にガスリー(アルファタウリ)となった。
ただしルクレールは前戦サクヒールGPでのペナルティによりグリッド3番降格になることが確定している。
アブダビGP決勝レースは13日(日)17時10分(日本時間:22時10分)から全55周で行われる。

アブダビGP公式予選の結果はこちら
アブダビGPの画像はこちら

|

« ホンダ・パワー勢、予選Q2もすべてが突破 | トップページ | 冷静だった、マシン火災のライコネン(アルファロメオ) »