« ホンダ系チーム、決勝レースコメント(11/15) | トップページ | トルコGPも最速ピットストップはレッドブル・レーシング »

2020/11/16

ハミルトン、Cinturatoグリーン・インターミディエイトの卓越した性能を活かし、歴史に名を刻む (ピレリ)

(C)Pirelli Motorspotrs
拡大します

2020 トルコグランプリ 決勝
2020年11月15日、イスタンブール
キーポイント
• メルセデスのルイス・ハミルトンが、非常にトリッキーな展開となったトルコグランプリを制し、ドライバーズタイトル4連覇達成とともに、史上最多タイとなる7度目のワールドチャンピオンに輝きました。Cinturatoブルー・フルウェットタイヤで8周を走行したハミルトンは、Cinturatoグリーン・インターミディエイトへ交換し、フィニッシュまでの50周を走行しました。レーシングポイントのセルジオ・ペレス、アルファタウリのダニール・クビアト、そしてハミルトンの3名のみが1ストップ戦略を採りました。
• Cinturatoグリーン・インターミディエイトでスタートしたウィリアムズの両ドライバー以外の全員が、Cinturatoブルー・フルウェットタイヤでスタートしました。
• クロスオーバーポイント(インターミディエイトがフルウェットよりも速くなるポイント)は、スタート後10周前後に訪れ、大半のドライバーにインターミディエイトへの交換を促しました。その後、大半のドライバーが再度フレッシュなインターミディエイトへ交換しました。
• インターミディエイトでスタートしたウィリアムズのジョージ・ラッセルは、オープニングスティント最長の32周を走行しました。第2スティントでは、ハミルトンがインターミディエイトで50周を、ペレスがインターミディエイトで48周を走行しました。
• スタート前には雨が降り、気温13℃前後の低温のコンディションが継続しました。レースの進行に伴って路面は乾いていきましたが、滑りやすい路面とレース終盤に降雨の予報もあったことから、スリックタイヤへ交換するドライバーは皆無でした。

各コンパウンドのパフォーマンス
• インターミディエイト: レースの大半で使用されました。また、ウィリアムズのみがインターミディエイトでスタートしました。第2スティントでは、全ドライバーがインターミディエイトを装着しました。その後のピットストップは、タイヤの摩耗度合いに依存しました。そのような中、ハミルトンは、インターミディエイトで50周を走行しました。このタイヤは中古のセットだったことから、正確には53周を走行したことになります。
• フルウェット: 大半のドライバーがフルウェットでスタートしましたが、使用された周回数は、58周で行われるレース中のわずか10周前後でした。レッドブルのアレックス・アルボンは、フルウェットで最長となる12周のオープニングスティントを走行しました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「6番グリッドからのスタートで優勝し、7度目のタイトルを獲得したルイス・ハミルトンを祝福します。ハミルトンの見事なタイヤマネジメントは、この偉業達成に大変重要なことでした。ハミルトンは1回のストップのみを行い、インターミディエイトをフィニッシュまでにスリックタイヤのように変え、タイヤの能力を最大限に引き出しました。最初から非常に複雑なレースになることは明らかで、スタート時のウェット路面が徐々に乾いていく中、不安定な天候状態に対応することが不可欠となりました。クロスオーバーポイントの見極めが鍵となりました。その最初のポイントは、フルウェットからインターミディエイトへの交換の判断でした。次に、レース後半、スリックタイヤがグリップする路面になっているか、もしくは再度インターミディエイトへ交換するかの判断でし
た。フルウェットからインターミディエイトへのクロスオーバーポイントの判断は、昨日のデータもあり、比較的シンプルでした。しかし、非常に稀なコンディション下、2回目のピットストップでのこれらのことを決めるのは、非常に複雑だったと思います」

ピレリジャパン・プレスリリース

20201115

|

« ホンダ系チーム、決勝レースコメント(11/15) | トップページ | トルコGPも最速ピットストップはレッドブル・レーシング »