« バーレーンGPフリー1回目、メルセデスAMG勢最速 | トップページ | バーレーンGPのスチュワードにミカ・サロ氏 »

2020/11/28

フリー2回目、ホンダ・パワー勢4台がトップ10内に

Bahrain Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
11月27日(金)18時(日本時間:24時)から引き続きバーレーン・サーキットを舞台に2020年F1第15戦バーレーンGPのフリー走行2回目セッションが行われた。
天候は曇り、セッション開始時の気温は26度、路面温度も26度、コースはドライコンディションと報告されている。
時間的にはこのセッションが最も土曜日の公式予選や日曜日の決勝レースと近いものとなるので注目される。
なおここでもピレリの2021年仕様C3タイヤのテストが行われた。

約45分が経過した頃、アルボン(レッドブル)が最終コーナーでコースアウト・クラッシュ、セッションは赤旗中断となる。
しかし再開後に今度はコース内に犬が迷い込むという珍事で再び赤旗に。
結局ここでもトップタイムはハミルトン(メルセデス)となったが、メルセデスAMG勢の間にフェルスタッペン(レッドブル)が割って入ってみせた。
3番手にボタス&ハミルトン、以下ペレス(レーシング・ポイント)、リカルド(ルノー)、ガスリー(アルファタウリ)、ノリス(マクラーレン)、ストロール(レーシング・ポイント)、クビアト(アルファタウリ)、アルボン(レッドブル)の順でホンダ・パワー勢は4台すべてがトップ10内に入るという結果となった。

バーレーンGPフリー走行2回目の結果はこちら
バーレーンGPの画像はこちら

|

« バーレーンGPフリー1回目、メルセデスAMG勢最速 | トップページ | バーレーンGPのスチュワードにミカ・サロ氏 »