« メルセデスは「2030年風洞禁止案」に安全面から慎重構え | トップページ | イタリア自動車クラブ会長、国内複数GP開催に意欲 »

2020/11/23

集中治療室のアレッサンドロ・ザナルディ、容態好転で転院

Alex Zanardi (C)BMW Motorsports
拡大します
6月にハンドサイクルのイベント『オビエッティボ・トリコローレ』に参加中交通事故に遭い、病院に緊急搬送され手当を受けていた元ウィリアムズ・チーム等のF1ドライバーであるアレッサンドロ・ザナルディ(53歳:イタリア)の容態が好転、ミラノ市内の病院の集中治療室から自宅近くの病院に転院したことがわかった。

新たな神経外科手術を実施したサンラッファエーレ病院のピエトロ・モルティーニ教授によれば、「顕著な臨床的改善がみられた」とのことだ。
今度の病院は自宅近くとなり、家族の負担も多少軽減されることになりそうだ。

|

« メルセデスは「2030年風洞禁止案」に安全面から慎重構え | トップページ | イタリア自動車クラブ会長、国内複数GP開催に意欲 »