« 予選Q2、ホンダ・パワー勢全員Q3進出 | トップページ | アルボン(レッドブル)、汚名返上の予選4番手 »

2020/11/29

バーレーンGP予選、メルセデスAMG勢フロントロウに並ぶ

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
11月28日(土)17時(日本時間:23時)からバーレーン・サーキットを舞台に2020年F1第15戦バーレーンGPの公式予選が始められた。
18分間で争われるQ1では全20台中、下位の5台がノックアウト、15台によるQ2でも下位の5台がノックアウト、そして10台12分間で行われるQ3では決勝レースのトップ10グリッドが決定する。

再び全車ソフトタイヤとなった予選Q3、最初のアタックではハミルトンがトップに。
2番手フェルスタッペン、続いてボタス、ペレス、ガスリーの順。
2度目のアタックを終え、ポールポジションを獲得したのはハミルトン(メルセデス)でこれはポルトガルGP以来となる今季10回目、自身通算98回目の快挙となった。
2番手も僚友ボタスがつけ、メルセデスAMG勢のフロントロウ独占。
3番手フェルスタッペン、4番手アルボンとレッドブル勢が2列目に並んだ。
5番手ペレス(レーシング・ポイント)、6番手リカルド(ルノー)、7番手オコン(ルノー)、8番手ガスリー(アルファタウリ)、9番手ノリス(マクラーレン)、10゛んてがクビアト(アルファタウリ)となった。

バーレーンGP決勝レースは29日(日)17時10分(日本時間:23時10分)から全57周で行われる。

バーレーンGP公式予選の結果はこちら
バーレーンGPの画像はこちら

|

« 予選Q2、ホンダ・パワー勢全員Q3進出 | トップページ | アルボン(レッドブル)、汚名返上の予選4番手 »