« アイフェルGPフリー3回目、ボタス(メルセデス)最速 | トップページ | 予選Q2、アルファタウリ勢ここで力尽く »

2020/10/10

予選Q1、ヒュルケンバーグ(レーシング・ポイント)登場

10月10日(土)15時(日本時間:22時)からニュルブルクリンクを舞台に2020年F1第11戦アイフェルGPの公式予選Q1が始められた。
18分間で行われるここでは全20台中、下位5台がノックアウトとなる。
天候は晴れ、セッション開始時の気温は9度、路面温度は18度、コースはドライコンディションとなっているもののセッション中に雨が降る確率が40%とされている。
なお体調不良となったランス・ストロール(レーシング・ポイント)の代役に急きょニコ・ヒュルケンバーグが緊急起用されている。
ヒュルケンバーグは先にやはり同ーームのペレスの代役に起用された経緯がある。

トップはフェルスタッペン(レッドブル)で1'26.319。
以下、ボタス(メルセデス)、ハミルトン(メルセデス)、ノリス(マクラーレン)、ルクレール(フェラーリ)、ガスリー(アルファタウリ)、オコン(ルノー)、ベッテル(フェラーリ)、ペレス(レーシング・ポイント)、アルボン(レッドブル)、マグヌッセン(ハース)、クビアト(アルファタウリ)、サインツ(マクラーレン)、ジョビナッツィ(アルファロメオ)までがQ2進出。

ここでの敗退はグロージャン(ハース)、ラッセル(ウィリアムズ)、ラティフィ(ウィリアムズ)、ライコネン(アルファロメオ)、そしてヒュルケンバーグ(レーシング・ポイント)の5台となった。

|

« アイフェルGPフリー3回目、ボタス(メルセデス)最速 | トップページ | 予選Q2、アルファタウリ勢ここで力尽く »