« ポルトガルGPのスチュワードにヴィタリー・ペトロフ氏 | トップページ | フリー2回目、ガスリー(アルファタウリ)のマシン燃ゆ »

2020/10/23

ポルトガルGPフリー1回目はボタス(メルセデス)最速

Algarve Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
10月23日(金)11時(日本時間:19時)からアルガルベ・サーキットを舞台に2020年F1第12戦ポルトガルGPのフリー走行1回目セッションが始められた。

天候は曇り、セッション開始時の気温は18度、路面温度25度、コースはドライコンディションとなっている。
ピレリは今回も5種類用意されたコンパウンドのうち、ホワイトのハードにC1、ミディアムのイエローにC2、そしてレッドのソフトにC3という最も堅い部類に位置する3種のタイヤを選択・持ち込んでいる。

初開催のサーキットということもあり各車精力的に周回を重ねたが、終わってみればトップはやはりメルセデスAMG勢で、ボタスが1'18.410のタイムでトップに、2番手にハミルトン(メルセデス)が1'18.749でつけた。
3番手は一時ガレージで上げられたままになって心配されたフェルスタッペン(レッドブル)、「まるでドリフトカーのよう」と称していた。
4番手ルクレール(フェラーリ)、以下アルボン(レッドブル)、サインツ(マクラーレン)、ペレス(レーシング・ポイント)、ライコネン(アルファロメオ)、リカルド(ルノー)、ガスリー(アルファタウリ)の順。
クビアト(アルファタウリ)は13番手だった。
このあと15時(日本時間:23時)からフリー走行2回目セッションが行われる予定となっている。

ポルトガルGPフリー走行1回目の結果はこちら
ポルトガルGPの画像はこちら

|

« ポルトガルGPのスチュワードにヴィタリー・ペトロフ氏 | トップページ | フリー2回目、ガスリー(アルファタウリ)のマシン燃ゆ »