« 予選Q2、アルファタウリ勢ここで力尽く | トップページ | ミック・シューマッハ、走行キャンセルも前向き姿勢 »

2020/10/10

アイフェルGP予選、ボタス(メルセデス)がポール獲得

Valterri Bottas (C)Mercedes Motorsports
拡大します
10月11日(土)15時(日本時間:22時)からニュルブルクリンクを舞台に2020年F1第11戦アイフェルGPの公式予選が始められた。
18分間で争われるQ1では全20台中、下位の5台がノックアウト、15台によるQ2でも下位の5台がノックアウト、そして10台12分間で行われるQ3では決勝レースのトップ10グリッドが決定する。
心配された雨は幸い最後まで降ることなく予選が行われた。

予選Q3、最初のアタックではフェルスタッペンがトップタイムを記録、ボタス、ハミルトン、アルボンと続いた。
最終アタックを終え、ポールポジションを獲得したのはボタス(メルセデス)で1'25.269を記録。
ボタスのポールはアニバーサリーGP以来で今季3回目、自身通算14回目の快挙となった。
2番手ハミルトンでメルセデスAMG勢がフロントロウ独占。
3番手フェルスタッペン(レッドブル)、4番手に久方ぶりルクレールのフェラーリが入り、Q2敗退となったベッテルとの対比をみせた。
5番手にアルボン(レッドブル)、6番手リカルド(ルノー)、7番手オコン(ルノー)、8番手ノリス(マクラーレン)、9番手ペレス(レーシング・ポイント)、10番手サインツ(マクラーレン)というトップ10になった。
アイフェルGP決勝レースは12日(日)14時10分(日本時間:21時10分)から全60周で行われる。

アイフェルGP公式予選の結果はこちら
アイフェルGPの画像はこちら

|

« 予選Q2、アルファタウリ勢ここで力尽く | トップページ | ミック・シューマッハ、走行キャンセルも前向き姿勢 »