« フリー1回目、フェルスタッペン(レッドブル)クラッシュ | トップページ | ルノーF1チーム、来季は『アルピーヌ』ブランドか »

2020/09/04

イタリアGPフリー2回目、メルセデスAMG勢は安泰

Monza Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
9月04日(金)15時(日本時間:22時)からモンツァ・サーキットを舞台に2020年F1第8戦イタリアGPのフリー走行2回目セッションが行われた。
天候は引き続き晴れ、セッション開始時の気温は26度、路面温度43度まで上昇、コースはドライコンディションとなっている。

午前のセッションでクラッシュしたフェルスタッペン(レッドブル)のマシンは、いったんコースに復帰したものの、不具合があったか、またガレージでの作業が行われている。
最初のアタックを終え、ハミルトン&ボタスのメルセデスAMG勢がトップ、これに復帰したフェルスタッペン(レッドブル)と好調ガスリー(アルファタウリ)が続いた。
後半は各車ロングランが多くタイスム短縮はなかったが、ピット作業で長くノータイムだったノリス(マクラーレン)が3番手に食い込む走りをみせた。

結果、このセッションでの順位はハミルトン(メルセデス)、ボタス(メルセデス)、ノリス(マクラーレン)、ガスリー(アルファタウリ)、フェルスタッペン(レッドブル)、サインツ(マクラーレン)、クビアト(アルファタウリ)、ストロール(レーシング・ポイント)、ルクレール(フェラーリ)、ペレス(レーシング・ポイント)というトップ10に。
ベッテル(フェラーリ)は辛うじて12番手、コース外に出てタイム抹消もあったアルボン(レッドブル)は14番手だった。

イタリアGPフリー走行2回目の結果はこちら
イタリアGPの画像はこちら

|

« フリー1回目、フェルスタッペン(レッドブル)クラッシュ | トップページ | ルノーF1チーム、来季は『アルピーヌ』ブランドか »