« イタリアGPの週末、3日間とも晴れの見込み | トップページ | ウィリアムズ、ロイ・ニッサニーを再びフリー走行に »

2020/09/04

ウィリアムズ、イタリアGPを最後に家族経営と訣別

Claire Williams & Frank Williams (C)Williams F1
拡大します
3日(木)、ウィリアムズ・チームは公式リリースを発表、クレア・ウィリアムズ副代表らチーム運営にみあたっていたウィリアムズ・ファミリーが今週のイタリアGPを最後にチーム運営から手を引き、チームは新しい体制に移行することを明らかにした。

それによれば来週からのチーム運営は新たにオーナーとなった『ドリルトン・キャピタル』の手に委ねられることとなり、そのための新しい3人のメンバーが同時に発表されている。
先週、チームの株式売却が明らかとなった際には、当面これまでのチーム運営が継続されるとしていたが、早くもこれが覆されたこととなり、いみじくもF1の冷徹な力学が露呈された形となった。

チームの創始者フランク・ウィリアムズ氏の令嬢でもあるクレアさんはリリースの中で、あらためてチームの役職から退くことを告げたうえで、「できることであれば将来に至るまで長く在職し、ウィリアムズファミリーのレガシーを次の世代まで守りたいと思っていた」と、無念の胸の内を吐露した。

|

« イタリアGPの週末、3日間とも晴れの見込み | トップページ | ウィリアムズ、ロイ・ニッサニーを再びフリー走行に »