« ホンダ系チーム、決勝レースコメント(8/02) | トップページ | ハミルトン、1ストップ戦略でドラマティックなレースを制す (ピレリ) »

2020/08/03

レッドブル代表、「ウチがパンクしてもおかしくなかった」

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
イギリスGP決勝レースで起きた最終ラップでの出来事は、メルセデスAMGチームに限らず起きた可能性があったようだ。
これはレース後レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表が英スポーツ・チャンネル『スカイスポーツ』に語ったもので、同じことはフェルスタッペンのマシンに起きてもおかしくはなかったとのこと。

当時、優勝したハミルトン(メルセデス)に続き2位を走っていたフェルスタッペンは、このレースのファステストラップを記録すべくファイナルラップを目前にタイヤ交換を行った。
レース後、交換したタイヤをチェックしたところ、こちらにも裂傷部分がみられ、いつパンクしてもおかしくない状態だったという。
このレースではレース最終盤にボタス(メルセデス)やサインツ(マクラーレン)らもタイヤトラブルに見舞われていて、フェルスタッペンに起きてもおかしくなかったということになる。

「結果的にタイヤ交換を決めたわれわれの判断は正しかったことになる」と、同代表は胸をなで下ろした。

|

« ホンダ系チーム、決勝レースコメント(8/02) | トップページ | ハミルトン、1ストップ戦略でドラマティックなレースを制す (ピレリ) »