« ペレス(レーシング・ポイント)、「移籍の覚悟出来てる」 | トップページ | フェラーリ、挽回目指し技術部門の再編成へ »

2020/07/23

イモラ・サーキット、イタリア第3のグランプリに浮上

Imola Circuit (C)Ex.Jordan Grand Prix
拡大します
イタリア北部、イモラ市にあるその名もイモラ・サーキットでイタリア第3のグランプリが開催される可能性が高まってきた。

1953年に初レースというイモラ・サーキットは歴史的にフェラーリ所縁のもので、反時計回りであるのが特徴で、1980年から2006年までは隣国の名前を取ったサンマリノGPを開催していたことで馴染みが深い。
現役F1ドライバーではマクラーレン時代のキミ・ライコネンが同グランプリの経験者になる。

イタリアではすでに今季第8戦としてモンツァ・サーキットでのグランプリ開催が決まっているが、これに続いてこれまたフェラーリが所有するムジェロ・サーキットでの開催も確実とみられることから、実現すればイタリア国内で異例の3グランプリ目となる可能性が高い。

|

« ペレス(レーシング・ポイント)、「移籍の覚悟出来てる」 | トップページ | フェラーリ、挽回目指し技術部門の再編成へ »