« ピレリ、2021年まで現行タイヤ継続の構え | トップページ | マクラーレン、事前テストできず »

2020/06/10

フェラーリ首脳、「開幕時での活躍は無理」

Ferrari 『SF1000』 (C)Ferrari S.p.A
拡大します
新型コロナウイルスに翻弄された2020年のF1もいよいよ7月のオーストリアGPを皮切りにスタートするが、シーズン前テストで戦闘力不足を指摘されたフェラーリ・チームはここでも弱気のようだ。
同チームを率いるマッティア・ビノット代表は次のようにスペインの『マルカ紙』に語っている。

「われわれが初戦のオーストリアからチャンピオンシップをリードする戦いを演じるというのは正直難しい。
なぜならここまで長くファクトリーが閉鎖されていたのでその間風洞実験などの作業ができていないからだ。
つまり開幕時の遅れを取り戻すのはこれからということにならざるを得ない。
いま全力で今年のマシンを見直しているところで、改善の効果がみられるのはまだ数戦先ということになるだろう」と、控え目。

また同代表は開幕で戦闘力を発揮しそうなのはやはり王者メルセデスで、これにレッドブルが肉薄すると予想。
その上で「レッドブルが初戦から連勝を続けても驚くことはない」と付け加えた。

|

« ピレリ、2021年まで現行タイヤ継続の構え | トップページ | マクラーレン、事前テストできず »