« ベッテルとアロンソがアストンのシート争いか | トップページ | ルノー、「開発からリカルド外すことない」 »

2020/06/29

実は深刻か、ハースF1の財政事情

Gunther Steiner (C)Haas F1 Team
拡大します
数か月前、新型コロナウイルスの影響はあるもののF1参戦継続を明言したハースF1チームだが、やはり依然としてその財政事情は厳しいものであるようだ。
アメリカの実業家ジーン・ハース氏が設立、2016年からF1参戦を開始した同チームは、これまでも上位チームとの運営規模の格差を再三訴えてきた。

今シーズン、遅れた開幕を前に多くのチームで事前テストを行っているが、いくつかのプライベートチームはそれも可能ではないようで、ハースF1もその一つとなっている。
これについて現場の責任者であるギュンター・シュタイナー代表は、「ドライバーの立場からすればテストはあったほうがいいだろうが、なくては困るというものではない」と強気の姿勢をイタリアの『コリエレ・デラ・セラ』紙に語っている。
ただその本音は苦しいものだろう。

同チームはまた早くも進みつつある2021年のドライバー市場についても沈黙を守らざるを得ないでいて、「それより先に解決すべき問題がわれわれにはある」と、困難な状況を示唆した。

|

« ベッテルとアロンソがアストンのシート争いか | トップページ | ルノー、「開発からリカルド外すことない」 »