« F1、1-3月期で84%の減収が明らかに | トップページ | ルノー・チーム首脳、「リカルド離脱の想定も必要」 »

2020/05/09

新規参入中国チーム、計画さらに遅れ

>F1 Image (C)Redbull Racing
拡大します
当初、新レギュレーションが導入される予定だった2021年を目途にF1へ新規参入を図っているとされた中国の新チームだが、計画はさらに実現が遅れそうだ。

これは中国系のコンソーシアムを母体としてイギリスに本拠を置いて新規参入の計画を明らかにしていた『パンテーラ・チーム・アジアF1』というチーム。
しかし新レギュレーションの導入が2022年に1年先送りされたことで同チームの参入計画も自動的に延期になった。

さらに今シーズンF1をも襲っている新型コロナウイルスの影響で、チーム自体の計画の進展に見通しが立ってないのだという。
パワーユニットもまだ未定という新チームが希望通りF1のグリッドにマシンを着けることができるかはいまのところ不明だ。

|

« F1、1-3月期で84%の減収が明らかに | トップページ | ルノー・チーム首脳、「リカルド離脱の想定も必要」 »