« H.マルコ博士、「来週にはオーストリアGP開催可否が確定」 | トップページ | ハンガリーGP、イギリスGPの代替に急浮上 »

2020/05/24

F1チーム、バジェットキャップ(予算制限)で合意

Image (C)Ex.Sahara Force India F1
拡大します
例年繰り返されてきたコスト削減の声に加え、今シーズン襲っている新型コロナウイルスの影響もあり画期的な大幅なバジェットキャップ(予算制限)案がF1チーム間で合意されたことが英国メディアの報道でわかった。

それによれば、すでに1億7500万ドル(約187億円)とされていた2021年の上限額は1億4500万ドル(約155億円)まで減額、さらに2022年には1億4000万ドル(約150億円)、2023年から2025年には1億3500万ドル(約144億円)まで段階的に減じられるという。
これは2021年に想定された22戦よりレース数が増えた場合には、1戦あたり100万ドル(約1億700万円)増額される。
減戦の場合はこの逆に減額となる。

なお合意案では他にも、チームが使用できる風洞とCFDの時間を制限。
来年から上位チームの空力開発をより厳しく制限するため、今年タイトルを獲得したチームは基準値の90パーセント、引き続き2位以下は選手権の順位に従ってその数値が2.5パーセントずつ増えていき、最下位のチームは112.5パーセントの開発が許可されることになった。
2022年以降は、1位に許されるのは基準値の70パーセントとなり、順位がひとつ落ちるにごとに5パーセント増やされ、最下位のチームは115パーセントが許される。
なお新規参入チームは、最下位チームと同じ作業量を行うことが認められるという。

|

« H.マルコ博士、「来週にはオーストリアGP開催可否が確定」 | トップページ | ハンガリーGP、イギリスGPの代替に急浮上 »