« F1、2020年当初レースカレンダーを取り下げ | トップページ | イタリア自動車協会会長、「早期の開催判断が必須」 »

2020/04/20

ベッテル(フェラーリ)、自前のシミュレーター購入

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今年、現役F1ドライバーも参加するなど盛り上がりをみせているF1バーチャル・グランプリだが、これまで関心をみせていなかったフェラーリ・チームのセバスチャン・ベッテルも新たに自前のシミュレーターを注文するなど参戦に意欲をみせていることがわかった。

ベッテルはこれまでこうしたeスポーツとは一線を画して来たが、フェルスタッペン(レッドブル)などライバルが参加、さらにチームメイトであるルクレール(フェラーリ)も参加したことが自身参戦する直接のきっかけになったようだ。

ベッテルは「単なるゲームだと思ったから今まであまり関心がなかったのは事実だよ。
少なくとも自分の貴重な時間を割いてまでやるものではなかった。
でもいろいろ話を聞いて、今年の状況なら参加しても意味はあるかなと思ったんだ。
それにルクレールと一緒ならチームのためにもなるかもってね」と、『モータースポーツ・コム』に語っている。

そのルクレールは自身のデビュー戦となったバーチャルのベトナムGPでいきなり優勝、eスポーツでもポテンシャルの高いところを示している。

|

« F1、2020年当初レースカレンダーを取り下げ | トップページ | イタリア自動車協会会長、「早期の開催判断が必須」 »