« 「開催遅れはチームの死活問題」と、トスト代表 | トップページ | ライコネンもバーチャルレースに冷ややか »

2020/04/22

地元州知事もオーストリアGP開催を支持

Redbull Ring (C)Pirelli Motorsport
拡大します
現在の情勢で今年の初戦候補に挙げられているオーストリアGPについて、その開催地レッドブルリンクのあるシュタイアーマルク州の知事が開催に積極姿勢をみせている。

シュタイアーマルク州は国内第2の都市で歴史的世界遺産でもあるグラーツを州都とするが、一方自動車生産の盛んな工業地域としても知られている。
そのシュタイアーマルク州のヘルマン・シュッツェンホーファー知事は、論議されているオーストリアGPについて、次のように地元メディアに語っている。

「もちろんわれわれはオーストリアGPの開催を支持している。
いま世界中が困難な状況にあるからこそ、われわれがこれを打破する先駆者になりたいと思っているところだ。
入国や移動など、必要な措置については積極的にこれに協力したいと考えている。
再び情勢が悪化することがなければ、新型コロナウイルスの影響も克服できる筈だ」

ただグランプリが開催されるとしても、実際には無観客レースにするとか、スタッフの人員を制限するなどの可能性もある。

|

« 「開催遅れはチームの死活問題」と、トスト代表 | トップページ | ライコネンもバーチャルレースに冷ややか »