« F1ドライバーによる『バーチャルGPレース』開催へ | トップページ | F1、「カレンダー変更にチームの了解必要なし」の見解 »

2020/03/21

2021年の規則変更先送りでマクラーレンに想定外の負担も

McLaren 『MCL35』 (C)McLaren Group
拡大します
新型コロナウイルス問題による開催の遅れで、F1は2021年シーズンに予定されていた大幅なレギュレーション変更の導入を翌2022年からと1年先送りにすることを決定した。
これによりF1チームの経済的負担をかなり軽減できるとの見通しだ。

ところがこれがマクラーレン・チームに思わぬ負担を強いることとなったようだ。
というのも、同チームは現在のルノー製パワーユニット搭載を2020年限りで終了、2021年からは4年契約でメルセデス製パワーユニットを搭載することになっていたからだ。

本来なら2021年に向け新レギュレーションとメルセデス製パワーユニット搭載に合わせたマシンを開発するところを、2021年まで現行のマシンを走らせるとするとわずか1シーズンのためにエンジン変更という大幅な改造を強いられるからだ。

またこれは逆にホンダF1にとっては朗報(?)と言えるかも知れない。
ホンダのレッドブルとの供給契約は2021年までになっているが、本来であれば新レギュレーションのマシンをこの1シーズンのために開発しなければならない筈だったが、1年先送りで2020年マシンの継続使用が可能になったからだ。

とはいえ何が起きてもおかしくないこのF1という世界ではまだ誰も安穏としてはいられない。

|

« F1ドライバーによる『バーチャルGPレース』開催へ | トップページ | F1、「カレンダー変更にチームの了解必要なし」の見解 »