« 英国系7チーム、正式に医療機器支援をスタート | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、『菜食生活』の効能説く »

2020/03/29

ダニエル・リカルド(ルノー)は実家で英気養う

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
本来なら今年もホームグランプリとして開幕戦のオーストラリアGPを迎える筈だったルノー・チームのダニエル・リカルド(30歳)だが、衆知の通り新型コロナウイルスの影響でレースはキャンセルに。
主催者ではシーズン後半での延期開催を希望しているというがいまのところ見通しは立っていない。
また現在は政府がすべての国民に海外渡航の自粛を求めるなどオーストラリアも緊急事態が続いている。

そんな現状についてリカルドは次のように語った。
「オーストラリアGPだけでなく、今年のF1がこんな悲惨なことになってほんとうに悲しく思っている。
いま自分は実家の農場(パース近郊)にいて健康的な生活を送っている。
いつもと違って時間だけは十分にあるので戸惑っている面もあるけれど、もちろんその分フィジカル・トレーニングを欠かしてはいない。
ただ、将来が見通せないというのがドライバーとしてはほんとうにつらいな。
現実が身に染みつつあるよ。
ファンのみんなも辛抱強く待っていて欲しいというのが僕らの気持ちだ」

2014年にはフロントロウを獲得したこともあるホームグランプリだが、最高位は4位止まりで不思議とまだ表彰台にも上がったことはない。

|

« 英国系7チーム、正式に医療機器支援をスタート | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、『菜食生活』の効能説く »