« FIA、ヘルメット・カラーリングの回数制限撤廃 | トップページ | WMSC、18インチ径タイヤの2021年導入を正式確認 »

2020/03/07

オーストラリアGP、イタリアからの入国に安全審査

Albert Park Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
世界的な新型コロナウイルス拡大の中、開幕戦が行われるオーストラリアでは感染者拡大が伝えられる中国、韓国、そしてイランからの旅行者について出国から2週間以上経過していない場合にオーストラリアへの入国を禁止している。
一方、F1スタッフが多いことで懸念されるイタリアからの関係者入国に対しては、厳格なスクリーニング(ふるい分け)を行ったうえで許可する方針を明らかにした。
ただフェラーリやアルファタウリ(旧トロ・ロッソ)らF1チームはイタリアに本拠地があることから入国の保証を求めている。

新型コロナウイルス問題についてFIA(国際自動車連盟)は『FIAクライシスセル』を新たに設置して2日おきに検討会議を開催、開催の可否も含めて対応しているが、F1のロス・ブラウン/モータースポーツ・ディレクターは「完全に懸念を取り除くことはできないが、必要以上にリスクを取る必要はない」と、ウイルスに負けない積極姿勢を続けている。

|

« FIA、ヘルメット・カラーリングの回数制限撤廃 | トップページ | WMSC、18インチ径タイヤの2021年導入を正式確認 »