« F1会長、2020年は「夏から開幕で全15戦以上の開催希望」 | トップページ | 年間15戦の開催は放映権収入の最低ライン »

2020/03/25

フェルナンド・アロンソ、舌禍が自らの道閉ざす

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
2018年シーズンを最後にステアリングを置いたフェルナンド・アロンソ(38歳:スペイン)だが、本人はまだこれがF1引退であることは認めておらず、機会があれば再びF1のフィールドに戻る意欲を捨てていない。

しかし「レースに勝てるマシン」であることを必須とするアロンソにとって市場は決して開放的でない。
すでにメルセデス、フェラーリそしてレッドブルら3強はロアンソの加入を明確に否定。
その他の中堅チームからもウェルカムの雰囲気は伝えられていない。

これについて1989年から1994年までベネトン等でF1参戦したフィンランドのJJレート氏は、フィンランドのタブロイド紙『イルタレヒティ』にその背景を次のように語った。

「彼を迎え入れようとするチームがない理由は明確だ。
不振だった2015年からの3年間、彼は終始ホンダに対し不満を口にしていたからね。
しかもその態度は自分の雇用主に対して非礼きわまるものだった。
あれを目にしたら、どのチームだつて彼を迎え入れようとはしないだろう。
もしも自分たちも同じ目に遭ったらたまらないとみんな思うからね。
アロンソは自分の雇い主に噛みつき、自ら将来の道を壊してしまったんだよ」と、手厳しい意見。

|

« F1会長、2020年は「夏から開幕で全15戦以上の開催希望」 | トップページ | 年間15戦の開催は放映権収入の最低ライン »