« ピレリ、ザンドフールト用タイヤの投入を断念 | トップページ | 「F1の未来は電気自動車も」と、ハミルトン(メルセデス) »

2020/03/06

バーレーンGP、新型ウイルス対策に観客制限も辞さず

Bahrain Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
F1第2戦のバーレーンGPは、現在のところ予定通りの開催が見込まれているが、いまなお世界的に収束をみせない新型コロナウイルスへの対策に躍起だ。

主催者は「安全なイベント」を主眼に、すでにFIA(国際自動車連盟)やリバティ・メディア、それに政府の保健当局らと緊密な連絡を取り、サーキット内に専用の医療施設や衛生設備を設けると共に観客への啓蒙を強化、さらには観客どうしの密接な接近を避けるためチケット販売の制限にまで対策を施しているとのこと。
これらは運営上、資金的負担が大きいものだが、主催者であるBIC(バーレーン国際サーキット)はとにかく「安全な開催が最優先」であると強調している。

バーレーンGPは3月22日(日)に決勝レースが行われる。

|

« ピレリ、ザンドフールト用タイヤの投入を断念 | トップページ | 「F1の未来は電気自動車も」と、ハミルトン(メルセデス) »