« 2021年の規則変更先送りでマクラーレンに想定外の負担も | トップページ | F1チーム、技術力で新型コロナウイルス対策に尽力 »

2020/03/21

F1、「カレンダー変更にチームの了解必要なし」の見解

Image (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2020年のF1は、新型コロナウイルス騒動の影響により開催スケジュールの大幅な変更を余儀なくされているが、その上て「年間カレンダーの変更にチーム側の了解は必要ない」との独自見解が示された。

これはF1の最高責任者であるチェイス・キャリー/CEOがが明らかにしたもの。
それによればキャリー氏はFIAのジャン・トッド会長、そしてモータースポーツ部門を担当するロス・ブラウン/モータースポーツ・ディレクターらと行った電話会議の席で、「再編成されたF1カレンダーについてはチーム側の正式な了解を経ることなく決定できる」との方針を示して同意を得たという。

というのも現在の状況はF1にとって危機的なもので、新型コロナウイルス騒動が収まった後のカレンダー再編成はタイムリーに行われなければならず、柔軟性が必要なためであるとした。
その裏には再編成には主催者との緊密な協力が不可欠で、チーム側の事情まで考慮していては合意に時間が掛かってしまうことを懸念したようだ。
ただこれについて蚊帳の外に置かれた形のチーム側の反応はまだ明らかでない。

|

« 2021年の規則変更先送りでマクラーレンに想定外の負担も | トップページ | F1チーム、技術力で新型コロナウイルス対策に尽力 »