« マクラーレン、フェラーリのサインツ獲得の動きを警戒 | トップページ | フェルナンド・アロンソ、舌禍が自らの道閉ざす »

2020/03/24

F1会長、2020年は「夏から開幕で全15戦以上の開催希望」


Chase Carey/CEO (C)Liberty Media Group
拡大します
3月23日、F1のチェイス・キャリー/CEOが、混乱続く2020年シーズンのF1について、「夏から開幕し、最低でも全15戦以上行いたい」との見解を示した。

同日、暫定的に今年の開幕戦と目された第8戦のアゼルバイジャンGPも延期になるなど日を追って延期になるグランプリが相次いでいる現状、リーダーの見解も悲観的なものとなった。
現行のカレンダーにおける「夏」がどの辺りを指すのか明確でないが、7月5日のオーストリアGPとした場合でもさらにカナダ、フランスの2グランプリ。
もっと遅れて8月のハンガリーGPとした場合には加えてオーストリアとイギリスの2グランプリがなくなることになる。

その場合、年内の残り4か月ほどで15グランプリ以上を消化するというのはかなり困難なことに思える。

|

« マクラーレン、フェラーリのサインツ獲得の動きを警戒 | トップページ | フェルナンド・アロンソ、舌禍が自らの道閉ざす »