« 年間15戦の開催は放映権収入の最低ライン | トップページ | ヘルムート・マルコ博士(レッドブル)、思わぬ失言 »

2020/03/25

隔離のマクラーレン・スタッフ勢、無事全員帰国へ

Image (C)Pirelli Motorsport
拡大します
開幕戦オーストラリアGPで新型コロナウイルス感染の陽性反応が出るなどしたため、現地メルボルンで隔離生活を余儀なくされていたマクラーレン・チームのスタツフ15名が、隔離期間を終え陰性が確認されたため、無事全員帰国できることになった。

これは陽性反応となった一人に加え、濃厚接触が確認されて隔離措置になった同僚14人。
開幕前夜に辞退が発覚したマクラーレン・チームは直ちに参戦辞退を表明、結局これが引き金となって開幕戦は金曜日のセッションがスタートするわずか2時間前にキヤンセルとなっていた。

幸い帰国が許されたものの、現在多くの国で移動禁止などの措置が採られているためチームは帰国便の手配に苦慮しているということだ。

|

« 年間15戦の開催は放映権収入の最低ライン | トップページ | ヘルムート・マルコ博士(レッドブル)、思わぬ失言 »