« 今日19日からバルセロナ合同テスト前半がスタート | トップページ | ベッテル(フェラーリ)、体調不良で合同テスト回避 »

2020/02/20

中国GP開催できなければ損失51億円

Shanghai Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
4月19日の開催がキャンセルされた第4戦の中国GPだが、今のところ延期開催の目途は立っていない。
もしもこのまま延期開催ができなかった場合、その損失は膨大なものになると報じられ、F1関係者を賑わしている。

これは英国ロンドンのビジネス紙『シティ A.M』が伝えたもので、それによれば中止になった場合の損失は4,700万ドル(約51億円)にも達するとの試算が明らかにされたもの。
前例のないケースであるため、その場合の負担が誰になるのかも明確でないという。

これまでの報動によれば、最終戦としての開催が動かないアブダビGPを後方にずらし、ブラジルGPとの間に中国GPを押し込むという案が主催者から出されているとのこと。
またこれとは別に、かつてサンマリノGPの開催地だったイタリアのイモラ・サーキットから代替開催の打診があったという報道もあるが、いずれも実現には障害が多そうだ。

|

« 今日19日からバルセロナ合同テスト前半がスタート | トップページ | ベッテル(フェラーリ)、体調不良で合同テスト回避 »