« ピレリタイヤ、次回ザンドフールト仕様のテスト求める | トップページ | マグヌッセンのパンク、「小さな問題じゃない」とハースF1代表 »

2020/02/23

フェラーリ・チーム代表、新型車『SF1000』のペースに懸念

Ferrari 『SF1000』 (C)Ferrari S.p.A
拡大します
3日間に渡ったシーズン前テスト前半を終え、11番手-6番手-13番手となったフェラーリ・チームの新型車『SF1000』のペースに懸念の声が聞かれている。
これは同チームのマッティア・ビノット代表自身が明らかにしたで、テスト後の記者会見で次のように語ったもの。

「まだ2020年シーズン最初の3日間が終わっただけだが、今の時点であまり楽観的には捉えていない。
もちろんチームによってテスト内容は様々で、いまタイムだけ比べることに意味はない。
しかし正直なフィーリングとして、他チームのマシンのほうがわれわれよりペースが速いのではないかという感触があるのは正直なところ。
まだ評価を下すには早すぎるのが事実だが、だからといってわれわれが何の懸念も持っていないとも言いかねる」

この発言もこの時期の常套手段である『三味線』なのか、あるいはこのイタリア人が正直過ぎるのか、答はやがて示される。

|

« ピレリタイヤ、次回ザンドフールト仕様のテスト求める | トップページ | マグヌッセンのパンク、「小さな問題じゃない」とハースF1代表 »