« 「EU離脱」で英国モータースポーツ業界に悪影響も | トップページ | ルノー・チーム首脳、「戦績不振はリーダー不在が原因」 »

2020/01/27

新規開催狙うマイアミGPに再び障害の動き

Miami GP Image (C)Hard Rock Stadium
拡大します
2021年にアメリカ第2のグランプリとして開催を窺うマイアミGPだが、ここに来てまた障害が現れたようだ。

同グランプリは当初の市街地特設コース案からアメリカン・フットボールの人気チーム『NFLマイアミ・ドルフィンズ』の本拠地として知られる『ハードロック・スタジアム』を中心としたものに変更。
さらに反対の強かったた199番街の走行を避けると共に地元学校の授業と重なる金曜日のフリー走行についても走行時間をずらすなど譲歩を迫られている。

これらによりF1の同意も売られて計画は進捗する筈だったが、マイアミ市は計画承認の是非を問う住民投票を2月に行うと発表した。
これについて主催者は「反対運動者による妨害でしかない」と反発を強めている。

|

« 「EU離脱」で英国モータースポーツ業界に悪影響も | トップページ | ルノー・チーム首脳、「戦績不振はリーダー不在が原因」 »