« 『NEC』、レーシング・ポイントへのスポンサー契約終了 | トップページ | バルテリ・ボタス、「メルセデスで王座獲得」に意欲 »

2020/01/06

バレンティーノ・ロッシ、「F1転向勧められていた」

M.Schumacher and V.Rossi (C)Ferrari S.p.A
拡大します
昨年末、ルイス・ハミルトンとマシンを交換する形でメルセデスAMGチームのF1カーをドライブした2輪モトGPの王者バレンティーノ・ロッシ(40歳:イタリア)だが、かつてミハエル・シューマッハ(当時フェラーリ)のマシンをテストした時のことをイタリアの専門紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』紙に語った。

それによれば当時と比べマシンはタイヤの進化と共に著しくグリップを増しているとの感想。
また1.6リッターV型6気筒ターボへと移行したパワーは「クレイジーなほど」と表した。
さらにタイムも十分にコンペティティブなもので当時フェラーリの関係者からF1への転向を視野にテストドライバーに就くことを真剣に勧められたとのことだ。

ロッシは15年間で計9回の世界チャンピオンを獲得した2輪レースのレジェンドだ。

|

« 『NEC』、レーシング・ポイントへのスポンサー契約終了 | トップページ | バルテリ・ボタス、「メルセデスで王座獲得」に意欲 »