« メルセデスAMGチーム、ワークス参戦終了の噂 | トップページ | デビッド・クルサード氏、BRDC代表に就任 »

2019/10/03

FIA(国際自動車連盟)、2021年の「ブレーキ共通化」を断念か

Brake Image (C)Renault F1 UK
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は、2021年シーズンからのF1レギュレーション改革の一環として「ブレーキ」を進めてきたが、このほどこの計画を断念したようだ。

これはかねてF1で課題とされるコスト削減を主な目的として計画されたもので、すでに最初の応募者であるイタリアの『ブレンボ』を対象にブレーキシステムと素材の検証が進められていた。
しかしFIAは最終的に「F1ブレーキ共通化にはまだ時期尚早」として現段階での導入計画を断念したとされるもの。

モーターレーシング、とりわけF1においてブレーキは最重要アイテムの一つであり、チーム側からはそもそも共通化には反対の意見が強かった。

|

« メルセデスAMGチーム、ワークス参戦終了の噂 | トップページ | デビッド・クルサード氏、BRDC代表に就任 »