« FIA(国際自動車連盟)、2021年の「ブレーキ共通化」を断念か | トップページ | アメリカGPで2020年ピレリタイヤのテスト実施へ »

2019/10/03

デビッド・クルサード氏、BRDC代表に就任

David Coulthard (C)RedBull Racing
拡大します
元マクラーレン等のF1ドライバーであるデビッド・クルサード氏(48歳:イギリス)が、BRDC(ブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ)の代表に就任することが明らかとなった。
BRDCはイギリスGPの開催地であるシルバーストーン・サーキットの保有者としても知られている。

1994年に23歳でウィリアムズ・チームからF1デビューを果たしたクルサード氏は、その後マクラーレンやレッドブルで活躍、現在は母国のテレビでF1コメンテーターを務める傍ら最後に所属したレッドブルで現在も広報活動に携わっている。

|

« FIA(国際自動車連盟)、2021年の「ブレーキ共通化」を断念か | トップページ | アメリカGPで2020年ピレリタイヤのテスト実施へ »