« ダイムラー社、内燃機関の開発を当面凍結か | トップページ | F1、「観客の安全が最優先」 »

2019/10/11

リカルド(ルノー)、元マネージャーとの系争が和解

Daniel Ricciardo (C)Renault Sport F1
拡大します
ダニエル・リカルド(ルノー)と元マネージャーであるグレン・ビービス氏との間で争われていた訴訟が、イギリス高等法院の斡旋により和解が成立したことがわかった。

これは、リカルドが2019年の契約をルノー・チームと結ぶにあたり、同マネージャーが受け取るべきマネージメント料が、まだ全額支払われていないとして訴訟問題になっていたもの。

和解内容については公表されていないものの、マネージメント料は全体の20%とみられており、リカルドの年収からおそらく10億円以上の規模になるものと推定されている。

|

« ダイムラー社、内燃機関の開発を当面凍結か | トップページ | F1、「観客の安全が最優先」 »