« ハミルトン、フェルスタッペンとの同僚対決「受けて立つ」 | トップページ | ハンガリーGPフリー2回目、アルボン(トロ・ロッソ)がクラッシュ »

2019/08/02

ハンガリーGPフリー1回目、ボタス(メルセデス)にトラブル

Hungaroring (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2日(金)11時(日本時間:18時)からハンガロリンクを舞台に2019年F1第12戦ハンガリーGPのフリー走行1回目セッションが行われた。
セッション開始時の天候は曇り、セッション開始時の気温は26度、路面温度35度、ドライコンディションと報告されているが、今にも雨が降りそうな空模様だ。
ピレリは今回も前戦ドイツGPと同様、C1からC5まで5種類用意されたコンパウンドのうち、ホワイトのハードにC2、ミディアムのイエローにC3、そしてレッドのソフトにC4という中間の部類に位置する3種類のタイヤを選択・持ち込んでいる。
なおこのセッション、各チームともドライバーの変更はない。

開始まもなくコースの一部で落ちてきた雨粒は、やがて各所に広がり、開始1時間を過ぎた頃からはインターミディエイトに履き替える状況となった。
そんな中、ボタス(メルセデス)とジョビナッツィ(アルファロメオ)の2台がピットガレージで作業中、依然ノータイムで心配される。
やがて雨は上がり、再びドライタイヤでの走行となりタイムアップが図られた。

このセッション、トップタイムはハミルトン(メルセデス)で1'17.233のベストタイム。
2番手に0.165秒差でフェルスタッペン(レッドブル)、3番手ベッテル(フェラーリ)、4番手ガスリー(レッドブル)、5番手マグヌッセン(ハース)、6番手ルクレール(フェラーリ)、7番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、8番手ノリス(マクラーレン)、9番手サインツ(マクラーレン)、10番手がライコネン(アルファロメオ)となった。
トロ・ロッソ勢はクビアト13番手、アルボン14番手。
再走なったジョビナッツィ(アルファロメオ)は16番手、ボタス(メルセデス)は走れずにセッションを終えた。
このあと15時(日本時間:22時)からフリー走行2回目セッションが行われる。

ハンガリーGPフリー走行1回目の結果はこちら
ハンガリーGPの画像はこちら

|

« ハミルトン、フェルスタッペンとの同僚対決「受けて立つ」 | トップページ | ハンガリーGPフリー2回目、アルボン(トロ・ロッソ)がクラッシュ »