« ドイツGPフリー1回目、フェラーリ勢が1-2タイム | トップページ | ガスリー(レッドブル)のエンジン等交換、ペナルティなし »

2019/07/26

フリー走行2回目、ガスリー(レッドブル)がクラッシュ

Hockenheimring (C)Pirelli Motorsport
拡大します
引き続き、26日(金)15時(日本時間:22時)からホッケンハイムリンクを舞台に2019年F1第11戦ドイツGPのフリー走行2回目セッションが行われた。
このセッション開始時の天候は晴れ、セッション開始時の気温は37度、路面温度は50度まで上昇、ドライコンディションと報告されている。

セッションが残り20分を切った頃、ロングランに出ていたレッドブルのガスリーが最終コーナーでコースアウトし左側面を大破してストップ、セッションは赤旗中断となった。
マシンのダメージはかなり大きい模様で心配される。
セッションは残り9分というところで再開、データ不足を回収すべくフェルスタッペン(レッドブル)が真っ先にコースインした。

このセッションもトップはフェラーリ勢で今度はルクレールのほうが1'13.449で、ベッテルに0.124秒の差を付けた。
以下3-4番手にメルセデスのハミルトン&ボタス、5番手フェルスタッペン(レッドブル)、6番手グロージャン(ハース)、7番手ストロール(レーシング・ポイント)、8番手復調のライコネン(アルファロメオ)、9番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、10番手ペレス(レーシング・ポイント)だった。
トロ・ロッソ勢はクビアト12番手、アルボン14番手つる
クラッシュしたガスリーは15番手だった。
明日土曜日はフリー走行3回目と公式予選が行われる。

ドイツGPフリー走行2回目の結果はこちら
ドイツGPの画像はこちら

|

« ドイツGPフリー1回目、フェラーリ勢が1-2タイム | トップページ | ガスリー(レッドブル)のエンジン等交換、ペナルティなし »