« 予選Q2、ルクレール(フェラーリ)がソフトで最速 | トップページ | かつてない混戦模様のイギリスGP予選結果 »

2019/07/13

公式予選、ボタス(メルセデス)がイギリス初ポール

Valterri Bottas (C)Mercedes Motorsports
拡大します
13日(土)14時(日本時間:22時)からシルバーストーン・サーキットを舞台に2019年F1第10戦イギリスGPの公式予選セッションが行われた。
全20台によるQ1、15台によるQ2に続き、10台12分間で行われるQ3では決勝レースのトップ10グリッドが決定する。
ピレリは今回、最も堅い分野に位置する3種類のタイヤを持ち込んでいる。
なおQ2の結果、すでにメルセデスとレッドブルの4台はミディアムタイヤでのスタート、フェラーリの2台はソフトタイヤでのスタートが決まっている。

全車ソフトタイヤでのアタック1回目はボタス(メルセデス)が暫定トップに。
わずかに姿勢を崩したハミルトン(メルセデス)は2番手、フェルスタッペン(レッドブル)が3番手に付けた。

結局ポールポジションはタイム更新ならなかったものの1回目のタイムでボタス(メルセデス)が獲得。
スペインGP以来で、今季4回目、自身通算10回目、ここイギリスでは初の快挙ということになる。
2番手ハミルトン(メルセデス)とはわずか0.006秒という僅差だった。
3番手ルクレール(フェラーリ)、4番手フェルスタッペン(レッドブル)、5番手ガスリー(レッドブル)、6番手ベッテル(フェラーリ)、7番手リカルド(ルノー)、8番手ノリス(マクラーレン)、9番手アルボン(トロ・ロッソ)、10番手ヒュルケンバーグ(ルノー)となった。
アルボンの予選9位は自己最高位になるもの。

明日の決勝レースは日曜日14時10分(日本時間:22時10分)から行われる。
ハミルトンとノリス、そしてラッセルにとってはホームグランプリということになる。

イギリスGP公式予選の結果はこちら
イギリスGPの画像はこちら

|

« 予選Q2、ルクレール(フェラーリ)がソフトで最速 | トップページ | かつてない混戦模様のイギリスGP予選結果 »