« レッドブル、ガスリーにいよいよ『最後通告』か | トップページ | イギリスGP、各チームのタイヤ選択 »

2019/07/06

フェルナンド・アロンソ、マクラーレンとの関係を解消

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
2015年に復帰したマクラーレン・チームだが、フェルナンド・アロンソはアンバサダー兼開発ドライバーという同チームでの職務をこのほど終了させたことがわかった。
これについてマクラーレン・チームのスポークスウーマンは、「契約は解消となりましたが、両者の友好的な関係は今後も継続されます」と、あくまでも円満であることを強調している。

これに先駈けアロンソはマクラーレンとのインディ500参戦プロジェクトも終了していて、2度目のルマン制覇を果たしたWEC(世界耐久選手権)もトヨタWECチームとの契約を終えたことから、これによりF1、WEC共に参戦の場をなくしたことになる。

いまアロンソのモチベーションは衆知のように「世界三大レース制覇」とみられ、その場合残されたのはインディ500優勝だけ。
しかし専用チームまで用意したマクラーレンとの関係が解消となると、アロンソは新たに自身でそれなりの所属チームを探さなければならないことになる。

|

« レッドブル、ガスリーにいよいよ『最後通告』か | トップページ | イギリスGP、各チームのタイヤ選択 »