« FIA、新たなF1予選制限案をチーム側に提示 | トップページ | 予選Q1、フェラーリ勢がトップ、ホンダ・パワー勢クリア »

2019/06/09

カナダGPフリー3回目、ベッテル(フェラーリ)が最速タイム

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
8日(土)11時(日本時間:24時)から、公式予選を前にF1第7戦カナダGPのフリー走行3回目セッションがモントリオールのジル・ビルニューブ・サーキットを舞台に行われた。
セッション開始時の天候は晴れ、気温は19度、路面温度37度、ドライコンディションと報告されている。

初コースに意欲をみせるノリス(マクラーレン)からコースイン。
しかし相変わらず最初は路面コンディションがダスティーなため各車の動きは鈍い。
やっと夢想公式予選が本格的になった30分過ぎ、地元ストロール(レーシング・ポイント)のマシンから炎。
エンジントラブルとみられ、今回6台すべてに『スペック2』を投入したとされるメルセデスに緊張が走る。

ロングランの後、各チームとも予選を見据えたショートランに入る。む
結果、トップはベッテル(フェラーリ)の記録した1'10.843に。
これにチームメイトのルクレール(フェラーリ)が0.139秒差で続く。
以下、ハミルトン(メルセデス)、ボタス(メルセデス)、フェルスタッペン(レッドブル)、ガスリー(レッドブル)、リカルド(ルノー)、ノリス(マクラーレン)、ペレス(レーシング・ポイント)、クビアト(トロ・ロッソ)と続いた。
アルボン(トロ・ロッソ)は14番手、ストロールは結局ノータイムで終えた。
このあと注目の公式予選セッションが14時(日本時間:翌3時)から行われる。

カナダGPフリー走行3回目の結果はこちら
カナダGPの画像はこちら

|

« FIA、新たなF1予選制限案をチーム側に提示 | トップページ | 予選Q1、フェラーリ勢がトップ、ホンダ・パワー勢クリア »