« オーストリアGPフリー1回目、ハミルトンが最速タイム | トップページ | アルファロメオ・レーシングに燃料違反で罰金 »

2019/06/28

クラッシュ相次いだフリー走行2回目、ガスリー3番手

Redbull Ring (C)Redbull Racing
拡大します
28日(金)15時(日本時間:22時)からシュピールベルクのレッドブルリンクを舞台に2019年F1第9戦オーストリアGPのフリー走行2回目セッションが行われた。
このセッション開始時の天候は晴れ、セッション開始時の気温は30度、路面温度は52度まで上昇、引き続きドライコンディションと報告されている。
このフリー走行2回目セッションは明日行われる公式予選と同じ時間帯になるため、ここでのパフォーマンスに注目が集まる。

開始まもなく、午前のヒュルケンバーグ(ルノー)と同じ最終コーナーで今度はストロール(レーシング・ポイント)がフロントウィングを破損させた。
35分過ぎ、なんとフェルスタッペン(レッドブル)がコースアウト・クラッシュ、赤旗中断に。
マシンは右後部などかなり損傷していて、場合によってはギヤボックスも交換を強いられるかも知れない。
セッション再開まもなく、今度はこの時点でトップだったボタス(メルセデス)も大きなクラッシュ、こちらはフロント部を大破させ再度赤旗中断を導いた。

再開後、ルクレール(フェラーリ)がボタスのタイムを上回る1'05.086をマークしてトップに。
2番手ボタス、3番手ガスリー(レッドブル)、4番手ハミルトン(メルセデス)、5番手サインツ(マクラーレン)、6番手グロージャン(ハース)、7番手ライコネン(アルファロメオ)、8番手ベッテル(フェラーリ)、9番手フェルスタッペン(レッドブル)、10番手がノリス(マクラーレン)だった。
トロ・ロッソ勢はアルボン13番手、クビアトが15番手。
セッション終了後は各車スタート練習を行った。
明日土曜日はフリー走行3回目と公式予選が行われる。

オーストリアGPフリー走行2回目の結果はこちら
オーストリアGPの画像はこちら

|

« オーストリアGPフリー1回目、ハミルトンが最速タイム | トップページ | アルファロメオ・レーシングに燃料違反で罰金 »