« 予選Q2、ソフトタイヤのフェラーリ勢が上位占める | トップページ | ハミルトン(メルセデス)にグリッド降格のペナルティ »

2019/06/29

オーストリアGP予選、ルクレール(フェラーリ)が2度目のPP獲得

Charles Leclerc (C)Ferrari S.p.A
拡大します
29日(土)15時(日本時間:22時)からシュピールベルクのレッドブルリンクを舞台に2019年F1第9戦オーストリアGPのフリー走行3回目セッションが行われた。
全20台によるQ1、15台によるQ2に続き、10台12分間で行われるQ3では決勝レースのトップ10グリッドが決定する。
ピレリは今回、中間に位置する3種類のタイヤを持ち込んでいる。

まずライコネン&ジョビナッツィのアルファロメオ勢2台がコースインしたものの他の各車は様子見が続く。
その後メルセデスAMG勢を先頭にアタックに入ったが、やはりベッテル(フェラーリ)のマシンは何か作業が続く。
僚友ルクレールがトップタイムをマークする中、ガレージでベッテルがステアリングを外しマシンを降りた。
この段階でルクレール、ボタス、フェルスタッペン、ハミルトン、ガスリー、ライコネン、ジョビナッツィ、ノリス、マグヌッセンの順。

結局ポールポジションはフェラーリのシャルル・ルクレールがコースレコードで獲得、今季バーレーンGPに続く自身2度目の快挙を掴んだ。
2番手に0.259秒差でハミルトン(メルセデス)、3番手フェルスタッペン(レッドブル)、4番手ボタス(メルセデス)、5番手マグヌッセン(ハース)、6番手ノリス(マクラーレン)、7番手ライコネン(アルファロメオ)、8番手ジョビナッツィ(アルファロメオ)、9番手ガスリー(レッドブル)、そして10番手は走れずに終えたベッテル(フェラーリ)という結果になった。

なおフェルスタッペンとメルセデスの2台は決勝レースをミディアムタイヤでのスタートとなる。
また奇数グリッドが有利とみられることからフェルスタッペンにチャンスがありそうだ。
明日の決勝レースは日曜日15時10分(日本時間:22時10分)から行われる。

オーストリアGP公式予選の結果はこちら
オーストリアGPの画像はこちら

|

« 予選Q2、ソフトタイヤのフェラーリ勢が上位占める | トップページ | ハミルトン(メルセデス)にグリッド降格のペナルティ »