« ホンダ系チーム、フリー走行コメント(6/28) | トップページ | 公式予選Q1、フェルスタッペン(レッドブル)が最速 »

2019/06/29

フリー3回目、ルクレール(フェラーリ)が最速タイム

Charles Leclerc (C)Ferrari S.p.A
拡大します
29日(土)12時(日本時間:19時)からシュピールベルクのレッドブルリンクを舞台に2019年F1第9戦オーストリアGPのフリー走行3回目セッションが60分間で行われた。
セッション開始時の天候は晴れ、セッション開始時の気温は25度、路面温度46度と高め、路面は引き続きドライコンディションと報告されている。

途中、前日3番手タイムを記録したガスリー(レッドブル)が「パワー低下」を無線で訴えてガレージに戻った。
そのガレージではストロール(レーシング・ポイント)のマシンも長い時間作業が行われていた。
またブレーキングに掛かったグロージャン(ハース)のアタックをスロー走行のハミルトン(メルセデス)が邪魔する形になって緊張が走るシーンも。
その後ストロールもガスリーもコースに復帰。

このセッションのトップはルクレール(フェラーリ)で1'03.987とただ一人1分03秒台に入れてみせた。
2番手ハミルトン(メルセデス)でトップと0.143秒差。
3番手ボタス(メルセデス)、4番手ベッテル(フェラーリ)、5番手フェルスタッペン(レッドブル)、6番手ノリス(マクラーレン)、7番手ガスリー(レッドブル)、8番手サインツ(マクラーレン)、9番手ジョビナッツィ(アルファロメオ)、10番手クビアト(トロ・ロッソ)となった。
アルボン(トロ・ロッソ)は11番手となっている。
このあと公式予選セッションが15時(日本時間:22時)から行われる。

オーストリアGPフリー走行3回目の結果はこちら
オーストリアGPの画像はこちら

|

« ホンダ系チーム、フリー走行コメント(6/28) | トップページ | 公式予選Q1、フェルスタッペン(レッドブル)が最速 »