« メルセデス、「ハミルトン&モナコでなければ負けていた」 | トップページ | シカゴで開催の『F1フェスティバル』に注目が集まる »

2019/06/02

メルセデス、カナダで今季初のPUアップデートへ

Mercedes V6 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
今シーズンもここまですべての勝利をモノにしているメルセデス製PU(パワーユニット)だが、来週行われる次戦カナダGPではさらにアップデート版を投入する方針を明らかにした。

カナダGPの舞台であるジル・ビルニューブはパワー・サーキットの一つとされてエンジン出力が重要な要素になるため、例年ここではバージョンアップされたPU(パワーユニット)が投じられることが多い。

ライバルであるホンダは第4戦のアゼルバイジャンGPで、またルノーとフェラーリも第5戦のスペインGPですでに改良版を投じているが、チャンピオンシップ争いで先行するメルセデス・エンジン陣営がアップデートを行うのは今季これが初ということになる。

なお全21戦で争われる今シーズンは、ドライバー一人当たりICE(エンジン)など主要コンポーネントは3基まで、ES(エネルギー・ストア)など関連コンポーネントはそれぞれ2基までに制限されていて、これを超えた場合グリッド降格ペナルティを受けることになる。

|

« メルセデス、「ハミルトン&モナコでなければ負けていた」 | トップページ | シカゴで開催の『F1フェスティバル』に注目が集まる »