« ベッテル(フェラーリ)、今季限りでF1引退検討か | トップページ | レッドブル、ガスリーの後任にヒュルケンバーグの名前 »

2019/05/30

故ニキ・ラウダ氏の葬儀が母国で営まれる

Niki Lauda (C)Mercedes Motorsport
拡大します
去る20日(月)、逝去した元3回のF1チャンピオンであるニキ・ラウダ氏の葬儀が5月29日(水)、同氏の故郷であるオーストリア・シュテフアン大聖堂で雨の中しめやかに営まれた。

棺は大聖堂の中心にキャンドルに囲まれて安置され、遺族らの手により遺品の赤いヘルメットが据えられた。
続いて午後開かれた鎮魂ミサには、最後に在籍したメルセデスの関係者、またルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタス、ニコ・ロズベルグらドライバーらも追悼に加わった。
弔辞を読んだのは、マクラーレン時代にチームメイトだったアラン・プロスト氏。
また多くの現役ドライバーらも参列して偉大な元チャンピオンの死を悼んだ。

|

« ベッテル(フェラーリ)、今季限りでF1引退検討か | トップページ | レッドブル、ガスリーの後任にヒュルケンバーグの名前 »