« レッドブル首脳、「ガスリーのトラブルで終盤抑制した」 | トップページ | 「パニックになっていた」と、リカルド(ルノー)が謝罪 »

2019/04/30

シーズン終盤にはファステストラップ・ポイント焦点に

Image (C)Mercedes Motorsports
拡大します
今シーズンらかF1にも導入されたファステストラップ・ポイントだが、これがシーズンの終盤にはチャンピオンシップ争いで重要な意味を持つことになるかも知れない。

F1のポイントは言うまでもなく入賞した順位に応じて順に与えられてきたものだが、ファステストラップ・ポイントの場合はたとえ優勝者であっても10位のドライバーであっても変わらない、同じ1ポイントということになる。

しかし折りしも開幕4戦を終えた現在のドライバーズ・ランキングが示すように、このわずか1点がチャンピオンシップを左右する可能性があるのだ。
ここまでボタスとハミルトンはいずれも1位2回、2位2回とまったく同一の成績だが、開幕戦で記録したボタスのファステストラップ・ポイント1点の差でボタスが上位に立っている。
もしここでシーズンが終了すれば、この1点でボタスが王者になる訳だ。
かくして嫌でも今後のファステストラップ争いに注目が集まる。

|

« レッドブル首脳、「ガスリーのトラブルで終盤抑制した」 | トップページ | 「パニックになっていた」と、リカルド(ルノー)が謝罪 »