« 予選Q2、レッドブル勢揃ってQ3進出決める | トップページ | アルボン(トロ・ロッソ)、決勝レーススタート認められる »

2019/04/13

中国GP予選、ボタス(メルセデス)が今季初ポール獲得

Valterri Bottas (C)Mercedes Motorsports
拡大します
13日(土)14時(日本時間:15時)から2019年F1第3戦中国GPの公式予選が行われた。
セッション開始時の天候は曇り、気温は25度、路面温度は30度、路面は引き続きドライコンディションとなっている。

Q2で残った10台で争われた予選Q3。
最初のアタックではボタス(メルセデス)がハミルトン(メルセデス)に0.007秒の僅差を付けてトップに立った。
3番手ベッテル(フェラーリ)、4番手フェルスタッペン(レッドブル)、5番手ルクレール(フェラーリ)の順。

最後のアタックでボタスが最強のチームメイトをみごとに凌駕。
ボタスのポールポジションは今季初、昨年のロシアGP以来で自身通算7回目の快挙となった。
0.023秒差の2番手にハミルトンで今季開幕戦以来のメルセデスAMG勢によるフロントロウ独占。
3-4番手にベッテル&ルクレールのフェラーリ勢、5-6番手フェルスタッペン&ガスリーのレッドブル勢、7-8番手リカルド&ヒュルケンバーグのルノー勢、9-10番手がマグヌッセン&グロージャンのハース勢と10台すべてが2台ずつチーム毎に並ぶ結果となった。

中国GP公式予選の結果はこちら
中国GPの画像はこちら

|

« 予選Q2、レッドブル勢揃ってQ3進出決める | トップページ | アルボン(トロ・ロッソ)、決勝レーススタート認められる »